Wi-Fi6とは何?5Gと違うの?分かりやすく図解します

Wi-Fi6とは何?5Gと違うの?分かりやすく図解します光回線お役立ち

近年、「Wi-Fi6ワイファイ シックス」と「5Gファイブジー」という言葉を耳にすることが非常に多くなりました。

何となくWi-Fiや携帯電話の新しい通信規格だろうと思っても、具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では、Wi-Fi6と5Gの違いや意味について分かりやすく図解します。

Wi-Fi6と5Gの違い

Wi-Fi6と5Gは、何が違うのでしょうか。

答えを先に書くと、

  • Wi-Fi6: 次世代の無線LANの規格(IEEE 802.11ax)
  • 5G: 移動通信システムの次世代の規格

となります。

Wi-Fi6は主に建物内のホームネットワークに関すること、5Gは主にスマホやモバイルWi-Fiといったモバイルネットワークに関することとなります。

さらに具体的に説明します。

Wi-Fi6とはIEEE802.11axのこと

Wi-Fi6とは無線LAN規格の「IEEE802.11ax」のことを指します。

最近ではWi-Fiと無線LANが同じものと考えられるようになってきています。

しかし、実は無線LANの中で、ある通信規格に準拠したものをWi-Fiと呼ぶのです。

その通信規格とは「IEEE802.11規格」となります。

「IEEE802.11○○」として定められているWi-Fiの通信規格ですが、一般的には少し呼びにくいため、近年「Wi-Fi5」や「Wi-Fi6」といった呼び方をされるようになりました。

以下に無線LANの規格「IEEE802.11」と「Wi-Fi」についてまとめました。

Wi-Fi名称規格周波数帯最大通信速度
Wi-Fi1IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
Wi-Fi2IEEE802.11a5GHz54Mbps
Wi-Fi3IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
Wi-Fi4IEEE802.11n2.4GHz600Mbps
5GHz
Wi-Fi5IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps
Wi-Fi6IEEE802.11ax2.4GHz9.6Gbps
5GHz

以上のように、Wi-Fiには1つ1つ「IEEE802.11○○」と正式名称が割り当てられており、「Wi-Fi6」はWi-Fiの第6世代の規格として呼称されています。

無線LANとWi-Fiはイコールではないことを覚えておきましょう。

Wi-Fi規格を定めるのはWi-Fi Alliance

こうしたIEEE802.11シリーズとWi-Fi規格は、業界団体「Wi-Fi Allianceワイファイ アライアンス」によって認定・命名されています。

特にWi-Fi AllianceではIEEE802.11axの発表に伴い、Wi-Fi6といった名称を割り当てることで、新しいWi-Fi規格の普及活動を行っています。

Wi-Fi6の特徴3つ

Wi-Fi6の主な特徴は以下となります。

  • 最大通信速度が従来のWi-Fi5(IEEE802.11ac)の1.4倍
  • 2.4GHzと5GHz帯を組み合わせた高速で安定した通信
  • MU-MIMO マルチユーザー・マイモ で同時接続できる端末台数が従来の2倍
※MU-MIMOとは、狙った端末へ電波を集中して送る技術となります。

Wi-Fi4からWi-Fi6までのスペックを、簡単な表にまとめました。

Wi-Fi名称最大通信速度
(理論値)
実行スループット
上限
MU-MIMO
最大同時接続台数
Wi-Fi4600Mbps150Mbps
Wi-Fi56.9Gbps800Mbps4台
Wi-Fi69.6Gbps1Gbps8台

難しい用語ですが、「実行スループット」とは、実際のデータを処理した際の単位時間あたり(ここでは毎秒)の処理能力を指します。

実際に様々なテストを経て求められた数値となります。

最大通信速度」はあくまでも理論値で、考えうる最良の条件がそろった時に出ると公表された数値のため、実行スループットの方が重要となります。

自動車で例えるなら、カタログ燃費実燃費のような関係と思ってください。

自動車のカタログに、リッター20km走ると記載されていても、市街地を走行しているとリッター14km程度が実際の燃費になっている、そんな状況によく似ています。

最大通信速度についてはWi-Fi5で最大6.9Gbpsでしたが、Wi-Fi6では9.6Gbpsとおよそ1.4倍に上がっています。

「それほど進化していないのでは」などと思ってはいけません。

Wi-Fi5に比べて通信速度は速くなっていることは事実なので、Wi-Fi6では実測値で1Gbpsを超えるようになってくると考えて差し支えありません。

普段利用しているWi-Fi通信の速度が底上げされ、さらに容量の大きいデータのやりとりも瞬時に可能となってきています

また2.4GHzと5GHzを組み合わせたインターネット通信が可能になり、自身で設定せずとも最適な電波の送受信が可能となります。

さらにMU-MIMOでの同時接続台数が、Wi-Fi5の2倍となる8台になり、1つのアクセスポイントでより多くの端末が高速通信できるようになります。

コロナ禍で増えたリモートワークに関し、家族と同居の人などには、Wi-Fi6は今後非常に快適なネット環境をもたらすことでしょう。

Wi-Fi5からWi-Fi6は過渡期となっており、これから数年かけて広まっていくものと考えられますが、将来を見据えてルーターを購入する際にはWi-Fi6対応のものを購入すると良いでしょう。

5Gとは次世代通信システムのこと

5Gとは「5th Generation」(第五世代移動体通信システム)のことを指し、「ファイブ・ジー」や「ご・ジー」と読みます。

以下に移動体通信システムの規格について一覧にまとめてみました。

移動体通信システム
規格名称
通信速度利用端末
1Gショルダーフォン
自動車電話
2G2.4Kbps〜28.8Kbps携帯電話
PHS
3G384Kbps〜110Mbps携帯電話
スマートフォン
4G50Mbps〜1Gbps携帯電話
スマートフォン
5G1Gbps〜50Gbpsスマートフォン
IoT

移動通信を定めるのは国際電気通信連合

「○G」といった移動体通信の名称を規定するのは、Wi-Fi Allianceではなく「国際電気通信連合(ITU)」という機関です。

規格を定めている機関が違うため「Wi-Fi6」と「5G」は別の通信規格であると覚えておきましょう。

5Gの特徴3つ

5Gの最大の特徴は、

  • 最大通信速度が10Gbps以上
  • 同時接続端末数が現状の100倍に
  • 1ミリ秒以下の超低遅延を実現

といった3つが挙げられます。

実際にドコモでは5G通信による屋外実験を行っており、2018年11月で既に通信速度27Gbpsといった大容量の高速通信に成功しています。

三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、第5世代移動通信方式(以下、5G)において、28GHzを用いて5G向けに開発した超多素子アンテナシステムによる16ビーム空間多重処理を行うことで、世界で初めて屋外実験において通信距離10mで端末1台の通信速度27Gbps、100mで通信速度25Gbpsに成功しました。

【出典】NTT docomo -5Gの屋外実験において通信速度27Gbpsに成功

上記の共同実験では、

  1. 通信距離10mで27Gbps
  2. 通信距離100mで25Gbps

といった驚きの測定結果となっています。

また、5Gの遅延は4Gの約10分の1となっており、0.001秒程度です。

より作業に高い安全性を求められる機器の制御が可能になるため、機器をリモートで動かし遠隔操作で手術をするといったことも可能になってきます。

そのため、大容量データが遅延なく高速に通信できる環境が整備されてくれば、

  • リアルタイムでのVR体験
  • 8K動画の再生
  • より高度な自動運転

といったことも近いうちに実用化されることでしょう。

例えばKDDIの提供ですが、5Gを活用すると以下のようなライブ観戦も可能になるとのことです。

au5G活用プロ野球リアルタイム自由視点公開実験

5Gが普及してIoT社会が実現すれば、インターネットが今まで以上に欠かせない存在になることは間違いありません。

※IoTとはInternet of Thingsの略称で、「モノのインターネット化」を指します。現実世界の様々な家電や「モノ」がインターネットに接続され、便利な機能を提供する技術です。

Wi-Fi6と5Gはどっちが速い?

次世代の通信として期待が高まるWi-Fi6と5Gですが、どちらの方が通信速度は速いのでしょうか。

先述したように、

  • Wi-Fi6の最大通信速度は9.6Gbps
  • 5Gの最大通信速度は50Gbps

となっており、理論値としては5Gの方が高速と言えます。

では、全部5Gを使えばいいのではないかと言うと、実際はそんな簡単なことではありません。

5G通信には致命的なデメリットが2つある

実は5G通信には致命的な欠点が2つあります。

5G通信ではデータ通信量が跳ね上がる

それは超高速・大容量通信が可能なため、外で5G通信を行うとデータの通信量が跳ね上がってしまう恐れがあることです。

大容量のデータ通信が可能になる5Gでは、無制限に通信ができるとは言われていますが、多くのユーザーが5Gを利用するようになると、各キャリアの設備はこれまでと同様に通信を処理しきれなくなる恐れがあります。

結局、ユーザーには通信制限が設定されるという可能性はあるでしょう。

5Gの利用には基地局がまだまだ足りない

また、5G自体の基地局整備が普及していないことも致命的です。

既存の4Gの基地局では5G通信ができません。

そのため5Gを利用した超高速通信が実用化されるのは、

  • 通信会社によるデータ通信規約の整備
  • 5G基地局を増加させるリソース

これらの課題があります。

そのため、5Gで快適に通信できていた場所から少し移動しただけで、基地局から離れてしまい、一気に通信速度が遅くなってしまうことも考えられます。

NTT docomoの5Gサービスマップを確認してみると、都内の品川であっても5Gが使える場所はほとんどない状況です(2021年1月執筆時)。

5Gが速そうだからWi-Fiは使わなくていいというわけではなく、今まで通りWi-Fiと5Gを利用したインターネット通信を行った方が得策となることでしょう。

Wi-Fi6は光回線で利用できるようになる?

実はWi-Fi6に対応したルーターがレンタルできる光回線サービスが既に始まっています。

「auひかり」は業界に先駆けてWi-Fi6対応のルーターがレンタル可能となっています。

新型ホームゲートウェイ(BL1000HW)は「Draft IEEE 802.11ax」を採用しています

筆者の自宅では、auひかりホーム1ギガプランを利用していますが、以下のような速度がWi-Fiで出ています。

auひかりは「ホーム10ギガプラン」と「ホーム5ギガプラン」とのサービスを2018年に開始しています。

対応エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉の一部エリアのみとなっています。

実際に利用している人のスピードテスト結果を掲載します。

Wi-Fiではなく有線LANでの計測結果のようですが、1Gbpsを超えてきているようですね。

筆者も5Gbpsや10Gbpsのプランを導入したいのですが、残念ながら対応エリアではありません。

興味があれば自分の住んでいる場所が、auひかりの対応エリアに入っているかどうか、以下のKDDI公式サイトから確認してみましょう。

筆者の自宅は1ギガタイプのみとなっています。

まとめ

今回の記事ではWi-Fi6と5Gの違いについて解説しました。

主な違いは、

  • Wi-Fi6は無線LANの規格
  • 5Gは携帯端末の通信システムの規格

という点でしょう。

通信速度においては5Gの方が速いとされていますが、既にWi-Fi6のほうが一歩先に普及し始めています。

表記が似ているため、「5G」と光回線の「5Gbps」サービスを混同しないようにしましょう。(筆者も正直まぎらわしいと感じています。)

5Gに対応するスマホなどがまだまだ少ないことも課題ではありますが、Wi-Fi6と5Gの普及で、今後創造されていくIoT社会の進展は非常に楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました