NURO光のプロバイダーはSo-net(ソネット)のみ!月々の料金はどのくらい!?

NURO光のプロバイダーはSo-net(ソネット)のみ!月々の料金はどのくらい!?NURO光

フレッツ光やドコモ光、auひかりといった光回線サービスでは、いくつもあるプロバイダーの中から1社を選んで契約することになります。

それでは、下り2Gbpsで人気を博しているNURO光のプロバイダーはどのように選べばいいのでしょうか。

実は、So-netソネットがNURO光の回線事業者とプロバイダー事業者を兼ねています。

光回線とプロバイダーがセットになっているのです。

今回の記事では、NURO光のプロバイダー料金について紹介します。

NURO光のプロバイダー

NURO光のプロバイダー

NTTのフレッツ光やauひかりといった光回線サービスは、

  • NTTやKDDI
  • インターネットプロバイダー

といった事業者へ、光回線の利用料金をそれぞれ支払う必要があります。

しかし、NURO光のプロバイダーはSo-netのみとなっているので、面倒なプロバイダー選びは不要です。

プロバイダーと光回線提供事業者が分かれていると、問い合わせ窓口も分かれてしまいますが、NURO光ではSo-net一本なので心配ありません。

プロバイダーを選ぶことはできないですが、NURO光の特典は、

  • 45,000円キャッシュバック
  • 高性能ONU兼ルーターの無料レンタル
  • セキュリティソフト「カスペルスキー」がずっと無料
  • 工事費44,000円(税込)が実質無料

といったように、とても充実しています。

一度確認してみると良いでしょう。

NURO光の月額料金

NURO光の料金体系は選ぶプランによって以下のようになっています。

NURO光 G2V
(戸建てタイプ)
NURO光 G2
(戸建てタイプ)
NURO光
for マンション
(マンションタイプ)
キャッシュバック特典45,000円なし25,000円
月額料金5,217円 7,836円 2,090円~2,750円
※同一マンションの利用数に応じる
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円
工事費用特典で実質無料44,000円
※30回の分割払い
特典で実質無料
契約期間2年間なし2年間
契約解除料
※2年ごとの契約更新月での解約は無料
10,450円なし10,450円
セキュリティソフト無料無料月額550円
無線LAN利用料無料無料無料
ひかり電話利用時
回線工事費用
3,300円3,300円3,300円
ひかり電話基本料金北海道・関東550円(税込)、東海・関西・九州 330円(税込)
※別途通話料金が必要
SoftBankおうち割1回線ごとに最大1,100円毎月割引、最大10回線までが割引対象

※表示価格は全て税込となります。

戸建てタイプのG2Vでは、

  1. 回線使用料
  2. プロバイダー料金
  3. 高速無線LAN
  4. セキュリティサービス

以上の料金が、すべて込み込みとなっている点が魅力です。

G2Vは2年契約、G2は契約期間の縛りがないプランです。
※半年以上使うならG2Vプランの方がお得となります。

例えばauひかりでは、

  • 無線LANを使用すると月550円(税込)
  • セキュリティサービス月550円(税込)

が別途発生します。

一方、NURO光であればONUとWi-Fiルーターが一体型です。

そのため開通工事終了後、別途追加料金を支払うことなくすぐに無線LAN機能を利用することができます

筆者の料金明細

筆者が利用しているNURO光の月額料金をキャプチャした画像を掲載します。

NURO光の他に、NUROひかり電話も利用しています。

筆者のSo-net マイページから引用

筆者のSo-net マイページから引用

NURO光では基本工事費(30回分割払)が毎月1,466円(税込)かかります。

特典を使って申し込むと、2カ月目に1,486円(税込)、3〜31カ月目には1,467円(税込)が割引されるので、工事費が実質無料になります。

完全無料ではなく実質無料という点に注意
30回の支払い分が終わる前に解約した場合、工事費の残金が一括請求されます。

ソフトバンク回線ならセット割引が適用される

さらにNURO光の利用者がソフトバンク回線を利用していると、「おうち割」の対象になります。

スマホの通信量がセット割引で1台あたり毎月最大1,100円(税込)割引となります。

嬉しいことに、離れて暮らす家族でもソフトバンク回線を利用していれば、割引の対象となります。

  • 一人暮らしでNURO光を導入している
  • 実家の両親がソフトバンク回線

上記のような場合でも、家族の通信費用を抑えることができるのは、NURO光導入のメリットと言えるでしょう。

もちろん、NURO光ではなく、ソフトバンク光に関してもセット割引は適用となります。

しかし筆者は通信速度や安定性の面から、対応エリア内であればNURO光の方をおすすめしています。

以下は筆者が自宅に導入しているNURO光で計測した通信速度です。

有線LAN接続でダウンロード900Mbps台Wi-Fi接続でもダウンロード300Mbps台が出ています。

有線LAN接続の計測結果
【NURO光】有線LAN - ダウンロード938Mbps、アップロード678Mbps

【出典】Speedtest by Ookla

Wi-Fi接続の計測結果
【NURO光】Wi-Fi - ダウンロード354Mbps、アップロード365Mbps

【出典】Speedtest by Ookla

NURO光でんわ

「NURO 光 でんわ」は「NURO 光」でご利用いただけるソニーネットワークコミュニケーションズ提供の月額基本料・通話料がおトクなIP電話サービスです。

【出典】NURO光

NURO光には、オプションで光電話サービス「NURO光でんわ」があります。

NURO光でんわはSo-netが提供している、

北海道・関東550円(税込) / 東海・関西・九州 330円(税込)

といった格安の料金で固定電話が利用できるお得なサービスです。

NTTの一般加入電話番号を持っている場合、現在使っている電話番号と電話機をそのまま利用することも可能です。

また、電話番号表示キャッチ電話といったオプションサービスも利用できます。

NTTフレッツ光からの乗り換えで、引き続き固定電話を利用したいといった人にも嬉しいポイントですね。

ソフトバンクユーザーには特典あり

さらにソフトバンクユーザーであれば、以下の特典がついてきます。

  • NURO光の利用者同士の通話無料
  • 「BBフォン光」「ケーブルライン」「ひかりdeトークS」との通話が無料
  • ソフトバンク携帯との通話料が無料になる「ホワイトコール」

通話料も、

国内一般・IP電話への発信8.789円/3分
国内携帯電話への発信27.5円/1分(8〜23時)
22円/1分(23〜8時)

※表示価格は全て税込となります。

と安くなっています。

NURO光のプロバイダーはSo-netに一本化されています。

自分でプロバイダーを選ぶという選択肢はありませんが、安心して利用を開始できると言えます。

タイトルとURLをコピーしました